So-net無料ブログ作成

不二家ケーキのカビ「クラドスポリウム」「ワレミア」の発生原因と毒性 [国内のニュース]

12月26日の不二家公式による発表によると、「ショートケーキS」で検出されたカビは、クラドスポリウム属とワレミア属のカビである!とのことなんですが、カビの名前って良く知らない…という人が大半だと思います。毒性とか気になるところですよね。今回はクラドスポリウム属カビとワレミア属カビ、どのように発生してどの程度の毒性があるのか調べてみました。

■公式サイトにアップされた文書はコチラ

不二家レストラン古河東本町店で製造・販売した「ショートケーキS」についてのお知らせ③
http://www.fujiya-peko.co.jp/pdf/release20141226_1.pdf

クラドスポリウム(Cladosporium)属カビ

 

「俺は腐ったみかんじゃねぇ!」というドラマ金○先生で出てくるあの名台詞をセリフを覚えている人は少ないかもしれませんね。まぁそれは別に問題有りません。みかんに結構な頻度で発生しているカビ、それがクラドスポリウム属のカビです。お風呂場の隅に発生している黒いカビなんかもこれに属します。

発生原因

普段から、空気中に存在しており、湿気が多い場所での繁殖がよくみられるようです。

al_kabi4

毒性について

人体に対する直接的な害はないが、吸入することでアレルギーを引き起こすことが知れられています。最近はカビアレルギーと人も多いですし健康への影響が心配ですよね。

 

ワレミア属(wallemia)のカビ

 

 

クラドスポリウムと同じく、わりと珍しくないカビで全世界に広く分布。特徴としては乾燥に強く、塩漬け、砂糖漬けされた食品でも繁殖が可能。(好乾性菌と呼ばれる)

発生原因

 

325

毒性

こちらも毒素の発生は報告されておらず、アレルギーの原因になるとされています。

二種のカビが発生した原因についてのまとめ


とまあ、クラスドポリウスとワレミア、どちらも普通に空気中に存在する菌なんですよね…今回、不二家レストラン古河東本町店で発生した「カビによるケーキのスポンジ部分の変色」は製造販売した6個の内、2個。発生した原因は作られたケーキにカビが付かないような処置を施さなかったことなんでしょうけど、密封されたケーキとか見たことありませんしね。

そもそもどこで発生したカビなんでしょうか…調査結果が待ち遠しいです。不二家のケーキ、割と好きなんですが、ちょっと今は控えてます、調査結果待ちですw

ではまた(@^^)/~~~


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

広告スペース
Copyright © あの話題のこともっと知りたい!! All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。